アレルギー症状はあげていたらキリがないほどある

ヘアカラーは、PPDA(パラフェニレンジアミン)と呼ばれる化学染料によって、少量の色素で、それまでよりもよく発色し、多くの色調を楽しむと事が出来るようになりました。

 

PPDAはジアミンと呼ばれ、アレルギーを起こしやすい劇薬に指定されて今では、随分な悪ものになっていますが、これまでの髪を染める染料から考えれないほど、進化したものだったのです。

 

ジアミンそのものも、アレルギー反応を引き起こしますが、ヘアカラーで扱われる酸化剤と混ぜた時にできる中間物質にも有害性があります。この中間物質は、酸化染毛剤と呼ばれ、何種類か混ぜ合わせることで、異なる発色を得ることができるために利用しているのです。

 

ジアミンは、スーパーなどで売られている白髪染めなどの毛染め剤に、配合されています。

 

ヘアカラーをすると、頭皮からジアミンが吸収されて、頭皮にかぶれや痒み、ヒリヒリ感を引き起こします。ジアミンが配合された毛染め剤で、継続して毛染めを行うことで、頭皮の血管に入り込み、内臓や肝臓に蓄積されてしまうのです。

 

ジアミンアレルギーも、花粉症などと同じように、体内にジアミンに耐えうる要領がマックスになった時に、アレルギーを引き起こし、二度とジアミンが配合されたヘアカラー剤を使用することが出来なくなります。

 

MAXになったのを知らずに、白髪染めを行おうものなら、顔がパンパンに腫れたり、呼吸困難になるといった、重症な症状になるのです。

 

実は、メーカー側も、ジアミンなどの化学薬品が引き起こす、アレルギーの害があることは、認めています。
多くのヘアカラーのパッケージには、パッチテスト(皮膚試験)の文字があり、白髪染めを行う前はパッチテストを行うよう書かれているのです。
しかも、同じ品物で前回調べたのでやらなくてよいとかいうことはなく、必ず、使用前には、48時間前にパッチテストをして下さいと明記してあります。

 

ジアミンのアレルギーは、敏感肌だからとか、肌が弱いからとかいったことに関係なく、現れる可能性があるものです。

 

パッチテストとは、ヘアカラーを腕の内側などに少量塗って、しばらく放置し、皮膚反応が出るのかを確認することです。
ただひとつ疑問なことは、美容室で白髪染めを行う48時間前に、美容室から毛染め剤を取寄せたり、訪れたりしてパッチテストをする人は、ほとんどいないのではということです。

 

ノンジアミン、ジアミンフリーのカラー剤を求めるようになり、人気を集めているのがヘアマニキュアタイプの白髪染めです。
こんな楽しい記事を見つけて見ました。⇒ 根元にしかない白髪を染める、リタッチ料金を節約するなら

ジアミン アレルギー症状の種類関連ページ

細毛やツヤのない髪の原因
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
ジアミン ヘアサイクルの乱れ
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
妊娠時のジアミンの影響
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
ジアミン以外に経皮毒が心配されるものは
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
頭皮ダメージの回避方法
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。