白髪染めが肝臓を傷めるなんて

カラ―リングを行う際に、綺麗で豊富な色は、パラフェニレンジアミンという染毛剤のおかげです。パラフェニレンジアミンことジアミンの、取扱いとその影響を知らないで使い続けるのは危険です。
美容室で、ジアミンを使用するヘアカラーを行う場合には、頭皮のバリア機能を、理解している美容師さんにお願いするのが一番です。

 

ジアミンが入った染毛剤を髪内部に入れ込むことにより、頭皮に浸透し、地肌の血管から呼吸器に入り込むと、呼吸困難に陥る場合があります。

 

ヘアダイなどに含まれるジアミンやアミノフェノール、レゾルシンは、血液中に酸素と結合できないメトヘモグロビンを増やす働きがあります。これを、メトヘモグロビン血症といいます。

 

本来ならば、血液中のヘモグロビンが、酸素と結合して人間の体の組織に酸素を運ぶのです。
しかし、メトヘモグロビンの増加により、肺から取り入れた酸素を体内に運べません。メトヘモグロビンが増加すると、顔の色が紫になり(チアノーゼ)、呼吸困難を起こします。

 

さらに、ジアミンは皮膚から内臓に入ると、肝臓を傷めます。
肝臓が悪くなればアトピーや癌を引き起こします。人間の体は、肝臓を守るために体外に毒を出そうとします。

 

皮膚は体内の毒を排出する働きを持っていますので、肝臓で処理できなくなった毒は、肌から排出されるので、肌が荒れて行くのです。
年齢が進むに従って、肝臓の毒素処理能力が衰えると、年齢による肌の衰えに加わりさらに肌荒れは加速します。

 

白髪染めは継続的に行っていくものです。知らず知らずのうちに、内臓を悪くし、肌荒れを起こす前に、安全なものに切り替えることをおすすめします。
頭皮に浸透する危険がない、髪マニキュアタイプ、ノンジアミンの白髪染めなら、サスティの[白髪用]利尻ヘアカラートリートメント
です。

 

ジアミン 呼吸困難や内臓疾患関連ページ

細毛やツヤのない髪の原因
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
ジアミン ヘアサイクルの乱れ
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
妊娠時のジアミンの影響
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
ジアミン以外に経皮毒が心配されるものは
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
頭皮ダメージの回避方法
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。