特に妊娠初期は白髪染めは、気をつけて

特定のアレルゲンにより、急に体が反応して呼吸器などに、アレルギー症状をおこすことを、アナフィラキシーといいます。

 

ジアミンの影響で、妊婦がアナフィラキシーの状態になると、貧血、メトヘモグロビン血症を起こし、体内に酸素が行きわたらなくなります。お腹の中にいる胎児も、低酸素状態になり、発達に影響を及ぼす可能性があるのです。

 

妊娠初期に、白髪染めを行うべきでない理由は、アナフィラキシーにあったのですね。

 

メトヘモグロビン結症とは、通常ヘモグロビンが酸素と結合して、体内の各組織に酸素を運ぶのですが、酸素を運ぶことができない鉄(メトヘモグロビン)が、沢山作られることをいいます。

 

また、小さなお子さんがいる家庭では、大人がアレルギー反応を起こす以上に、子供の体に与える影響は強いので、近くで白髪染めを行わないようにします。
化学的な刺激で鼻が詰まり、喉がはれたり、呼吸困難を起こす可能性があります。ましてや、誤って舐めてしまったなんてことは、もってのほかです。

 

子供を抱きかかえたり、おんぶをした時、お母さんの髪を口に入れたりすることも、多くあり、小さなお子さんがいる女性はカラ―リングを控えるべきです。

 

妊娠時のジアミンの影響関連ページ

細毛やツヤのない髪の原因
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
ジアミン ヘアサイクルの乱れ
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
ジアミン以外に経皮毒が心配されるものは
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
頭皮ダメージの回避方法
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。