ヘアカラーリングの経皮毒から守るためには

美容室のヘアカラーで使用される永久染毛剤は、色材が毒性の強いジアミン系化合物で、多くのアレルギー症状を聞きます。
この永久染毛剤を使用するためには、美容室などで、頭皮のバリアの重要性を心得ている美容師さんでないと、頭皮と体の健康を害してしまいます。

 

一般にヘアマニキュアと言われる、半永久染毛料の色材は、タール色素を使われていますが、全く毒性がないかというと、そうでもありません。
低刺激と言われていても、カラ―リングを行う時は、頭皮等の皮膚につかないように染めることが必要です。

 

ヘアカラーにしても、ヘアマニキュアにしても、頭皮を守り健康的な髪をいつまでも保ちたいと考えるなら、頭皮のバリア機能を壊さないことが大切です。
害のある化学薬品を、出来るだけ肌内部に浸透させないようにして、髪と体の健康を守らなくてはならないからです。

 

頭皮のバリア機能とは、顔と同じく、外部の刺激から肌内部を守り、頭皮を乾燥させないように水分の蒸発を防ぐ役割をします。
ヘアカラーを何年も続けるつもりでしたら、色材の頭皮への浸透を防ぐため、頭皮のバリアを壊さないようにすることが大切です。バリアで、色素など異物の浸透を防がなくてはならないからです。

 

そのためには、頭皮に負担がからないようなヘアケアを心がけることです。

 

洗浄力の強い石油系の界面活性剤入りのシャンプーは、汚れと一緒に皮脂まで落としますので、頭皮の乾燥の原因となります。さらに界面活性剤の中には、頭皮自身を傷つけてしまうものもあります。
カラ―リングの色持ちの上から言うと、石鹸シャンプーは通常のものより色持ちが悪いとされていますが、石油系の界面活性剤を使わないという面においては、頭皮に優しいシャンプーと言えます。

 

もしかして、育毛剤を一緒にお使いですか?
薬品をもちいた育毛剤は、バリアを壊して薬剤を頭皮に浸透させています。
育毛剤を使っている場合は、ヘアカラーをすべきではありません。染毛剤が、頭皮にしっかり浸透して、危険は増すばかりとなるのです。

頭皮ダメージの回避方法関連ページ

細毛やツヤのない髪の原因
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
ジアミン ヘアサイクルの乱れ
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
妊娠時のジアミンの影響
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
ジアミン以外に経皮毒が心配されるものは
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。