次に再生される髪のために頭皮環境を整えることが大切

白髪染めを行うと頭皮がヒリヒリするとか、乾燥するといったことがあるのは、化学薬品のせいです。
染めの薬品の中には、染まりを良くするためであったり、短時間で染め上げるために合成界面活性剤を配合しているものもあります。

 

頭皮の皮膚バリアがしっかりしていれば、白髪染めに配合されている、薬品からの害も少なくて済みます。勿論、髪や頭皮に負担がかかる白髪染めを行わないことが一番良いのです。

 

バリア機能が弱いと、白髪染めの化学薬品が、簡単に皮膚の奥まで入り込み、血液にも浸透させてしまうのです。特に、ジアミンなどの有害な染毛剤の場合は、頭皮のかぶれだけでなく、内臓にまで影響を及ぼす場合もあるのです。

 

日常使用するシャンプーも、洗浄力が強く、石油系の界面活性剤が配合されているものは、頭皮の乾燥を引き起こし、バリア機能を壊している可能性があります。
低刺激で、出来ればアミノ酸シャンプーや石鹸シャンプーが望ましいですね。

 

また、白髪染めを行った後も、たとえ地肌につけないヘアマニキュアだからと言っても、洗い流す時に否応なしにすすぎの水で、頭皮に触れます。化学薬品による、頭皮のダメージは少ながらず受けてしまうのです。

 

化学薬品の刺激を受けて、弱まった頭皮を、健康な状態に回復させるためにも、頭皮用の保湿クリームやトリートメントは必要です。

 

肥えた土壌から、美味しい作物がとれるように、健康で整った栄養状態の良い頭皮からは、綺麗なハリのある髪が作られるに決まっていますからね。

 

白髪用のカラートリートメントで、頭皮の保湿成分にこだわっているものがあります。エフキュア ヘアカラー トリートメントという名前です。
髪のツヤやハリばかり強調するなかで珍しいのではと、感心してしまいます。

 

ヒアルロン酸よりも保湿力が高いフコイダン、皮膚のバリア機能であるセラミド、顔の美容液に使用されるロイヤルゼリーで、頭皮の保湿を考えた白髪染めになっています。
無論、頭皮だけでなく、痛んだ髪のケアにも配慮されています。

頭皮の保湿関連ページ

髪ダメージの回避
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
色持ちを良くする
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
髪ボリュームの維持
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
アミノ酸トリートメント
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
毛髪をつくっているアミノ酸とは
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。