ダメージを受けた髪の傷を広げないためには、トリートメントが必要

カラ―リングの後、美容室でトリートメントしてもらいますが、髪のトリートメントは、髪のダメージを広げないためにも必要なことです。

 

ヘアカラーの場合、髪のキューティクルを少し傷つけその中に、染毛剤を入れ込んで定着させていきます。少なからずキューティクルは、痛んでいます。
そのままにしておくと、開いたキューティクルの隙間から、髪自身の水分とタンパク質が流れ出し、髪はパサパサ状になってしまいます。

 

髪が水分を失えば失うほど、キューティクルの損傷や根毛、切れ毛に発展していきます。シリコン配合のトリートメントでしっかりガードして、タンパク質の流失を防ぐことは大切なことなのです。

 

白髪染めは、染毛力が普通のオシャレ染めより強い分、髪にかかる負担は大きいです。化学薬品を使用するので髪のパサ付きは、ある程度は、仕方がないと諦めてしまっている女性も多いようですね。

 

弱った髪に強い刺激が加わると、ますます痛みは広がります。
紫外線やドライヤーの熱、ブラッシングによる摩擦、洗浄力の強いシャンプーなどの刺激から守るために、髪のコーティングは大切です。

 

修復能力が無い髪は、一度痛むと切るしかありません。
自慢の髪を、白髪染めを繰り返すうちに、ショートにしてしまったなんてことありませんようにするべきですよ。

 

ヘアマニキュア型の白髪染めは、トリートメント成分にこだわっています。アミノ酸トリートメントのところでも書きましたが、保湿力がありアミノ酸がしっかり配合されているものが、選ぶポイントになります。こちら、⇒ サスティの[白髪用]利尻ヘアカラートリートメント

 

 

 

 

髪ダメージの回避関連ページ

色持ちを良くする
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
髪ボリュームの維持
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
頭皮の保湿
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
アミノ酸トリートメント
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
毛髪をつくっているアミノ酸とは
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。