白髪染めを行う頻度

白髪染めの染める方法によっても、染める場所によっても、髪質によっても異なってくる白髪染めの頻度。
出来れば、頻繁に染めないで楽したいというのが、本音です。
髪のダメージを出来るだけ少なく、オシャレに装う方法を提案いたします。

白髪染めの頻度記事一覧

 

まったく染め残しもなく、色ムラもなく、ツヤもそこそこあり、しかも2ヵ月はもつ美容室での白髪染めをやり始めたら、病みつきになるのは当然です。しかも、話術の上手な美容師さんがいれば、カラ―リングの時間もあっという間で、苦になりません。ただし、何度も染め直しをすると、髪は痛んできます。白髪染めと言えども、髪の中のメラニン色素は減らして、なお且つ、髪の内部に染毛剤を入れ込むヘアカラーは、やはり痛むのです。...

 
 

白髪染めの方法、白髪染めに配合されている成分によって、髪や頭皮への痛み具合が違ってきます。髪の根元に生えてくる白髪が気になってしょうがないといった方でしたら、頻繁に染めなくてはなりません。白髪染めの頻度が高い方は、低刺激でトリートメント効果のあるものを選びたいものです。ホームヘアカラーの場合は、毛染めを行う環境(浴室)や時間、家族などへの配慮も必要ですので、条件の許す白髪染めの方法を選ぶことになり...

 
 

市販の白髪染めを、次の美容室へ行くまでのつなぎにしている方がいます。美容室で強い染毛剤を使用してきっちり染めた後なら、少々まだらになっても目立たないので、自分で気になる部分を染めることが出来るからです。ただ、美容室とホームヘアカラーとを併用するなら、髪の内部に染料を入れ込むヘアカラーでなくて、ヘアマニキュアか、部分染めに限った方がよさそうです。ヘアカラーですと、折角の髪の休養も意味が無くなってしま...

 
 

一度染め始めたら、定期的に染めていかなれば、黒髪(茶髪?)との色の差が激しい、白髪は、全体染めがよいのでしょうか?部分染めがよいのでしょうか?悩むところです。全体染めは、部分染めより染める手間、髪の傷みも全体にかかるので、全体染めの頻度は落としたいところです。ただ、生え際を重点的に染める髪のリタッチは、以前に染めた色と差に気を配らなくてはなりません。生え際だけでなく、1本の髪の長さ分を染める、部分...

 
 

結婚式等の祝い事の席や、子供の発表会や授業参観日、同窓会と、お洒落のセンスを問われる行事は、生きている限りついて回ります。面倒ですね(笑)。自然体でいいのよっと、強く割り切れればよいのですが、やはり人並みの身だしなみはやっておかなくてはと、笑われてしまうと考えるのは私だけではありません。頭皮や髪を傷めるだけでなく、お財布にも痛い美容室での白髪染めは、特別なイベントに合わせてと割り切ってしまうのも、...