自宅で染める白髪染めの色持ちってどれくらいなのだろう?

白髪染めの方法、白髪染めに配合されている成分によって、髪や頭皮への痛み具合が違ってきます。髪の根元に生えてくる白髪が気になってしょうがないといった方でしたら、頻繁に染めなくてはなりません。
白髪染めの頻度が高い方は、低刺激でトリートメント効果のあるものを選びたいものです。

 

ホームヘアカラーの場合は、毛染めを行う環境(浴室)や時間、家族などへの配慮も必要ですので、条件の許す白髪染めの方法を選ぶことになります。
浴室を汚したり、長風呂はやめてという家族がいれば、一番最後に入れる日などを考えなくてはなりませんね。
勿論、自分の仕事や勉強のスケジュールの状況や、お財布との絡みもあります。

 

白髪染めの方法として、小まめに染め直しは嫌という方には、ヘアカラータイプです。逆に、頻繁に染めても髪や頭皮に優しいものをという方は、ヘアマニキュアタイプとなります。
また、染め上がりの色ムラや、染める力もクチコミなどでチェックしておくとよいです。@コスメの白髪染めの書き込みを読んでみますと、染まりやすいとか染まりにくいということが、率直に書かれていますので、かなり参考になります。

 

特にヘアマニキュアを選んだ場合は、直ぐに色が入りませんので、連日白髪染めを数日間続ける必要があります。色が定着したら、1週間に1回か2回くらいといったパターンが多いです。
普通の方ですと、1週間に1回くらいが毛染めにかけられる時間の限度というところでしょうか?

 

また、色が入りにくいとか、シャンプー後に充分なタオルドライの時間が面倒という方は、入浴前の乾いた髪につけてしまう方もいるようです。製品の説明書やホームページを見て、乾いた髪でも使用OKであれば、忙しい女性にはおススメの方法です。

 

部分染めは、単独で使用されても良いのですが、ヘアカラーやヘアマニキュアで全体染めを使用しながら、染め残しや生え際をフォローするといった、並行利用も一案です。
いずれにしても、白髪が固まって生えている場合は、部分染めが断然効力を発揮します。ワザワザ、全体染めで時間と労力をかける必要はありませんからね。
部分染めは、その使用感の良さから、使う頻度なんてを気にする必要はありません。

 

白髪染め自身は、長く定期的に付き合っていくものですので、出来るだけアレルギーを引き起こす物質などは避ける必要があります。
市販の白髪染めは髪を傷めるという美容師さんがいたら、該当する製品名を聞いておくと参考になります。先に書きました@コスメも、本音で書いている方も多いですので、私はよく利用しています。

 

染める頻度が1週間に一度くらいなら大丈夫という方なら、髪マニキュアタイプが頭皮や髪に優しいのでおススメです。

 

市販のホームヘアカラー関連ページ

美容室での白髪染め
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
自宅と美容院の使い分け
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
全体染めと部分染めの使い分け
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
祝い事と普段使いを使い分け
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。