染毛力が弱いカラーリングは、白髪染めのリタッチ向け

一度染め始めたら、定期的に染めていかなれば、黒髪(茶髪?)との色の差が激しい、白髪は、全体染めがよいのでしょうか?部分染めがよいのでしょうか?悩むところです。

 

全体染めは、部分染めより染める手間、髪の傷みも全体にかかるので、全体染めの頻度は落としたいところです。

 

ただ、生え際を重点的に染める髪のリタッチは、以前に染めた色と差に気を配らなくてはなりません。生え際だけでなく、1本の髪の長さ分を染める、部分染めならなおのこと、地毛との色の差に神経を使うところです。

 

元々の髪の色が明るい場合は、部分染めの部分が黒く浮くような形になります。逆に、元々の髪の色が暗い場合は、部分染めの面積にもよりますが、若干違和感はありません。
地毛より明るめの色を選んだほうが、良いようです。

 

全体染めで、生え際を目立たなくするならば、最初に生え際や退色が激しい部分にカラーリング剤を伸ばし、しばらく放置してから、髪全体に伸ばして行きます。
生え際だけに伸ばした時の放置時間が、白髪と黒髪の境界線をくっきりわかりやすくするか、そうでないかを決めるカギとなります。

 

部分染めならば、自髪の色と似ているものを選ばなければ、染めた部分が目立ちます。
自宅用のヘアマニキュアが染まりにくいと言われる方、多いですが、これが逆にメリットになります。
一度に染まる白髪染めよりも、染まりが悪く何回か重ねて行うことにより、徐々に色が入っていくタイプの方が、色の微調節することが可能です。

 

一度に染まらない、染まりが悪いということが、部分染めであっても、全体染めであっても、色の調整が行いやすのです。

 

逆に、染毛力の強い1回のカラ―リングで、希望する色に染まるようなカラーリングは、ヘアカラーの知識を身につけた美容師さんに、お任せするべきです。このような染毛力の強いカラーリングは、簡単に色を剥がすことは難しいですし、無理に染め直しをしようものなら頭皮や髪への負担は、かなり大きいからです。

 

全体染めと部分染めの使い分け関連ページ

美容室での白髪染め
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
市販のホームヘアカラー
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
自宅と美容院の使い分け
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
祝い事と普段使いを使い分け
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。