普段使いの白髪染めと、超特別な日の白髪染めってありますよね?

結婚式等の祝い事の席や、子供の発表会や授業参観日、同窓会と、お洒落のセンスを問われる行事は、生きている限りついて回ります。
面倒ですね(笑)。

 

自然体でいいのよっと、強く割り切れればよいのですが、やはり人並みの身だしなみはやっておかなくてはと、笑われてしまうと考えるのは私だけではありません。

 

頭皮や髪を傷めるだけでなく、お財布にも痛い美容室での白髪染めは、特別なイベントに合わせてと割り切ってしまうのも、ひとつの方法です。

 

結婚式や同窓会といった、何ヵ月も前から日にちが分かっているものは、その日に合わせて美容室の予約を入れます。

 

仮に、結婚式が10月だとして、美容室での白髪染めの頻度は3ヵ月に一度と決めたなら、10月、7月と逆に遡って、美容室の予約を計画をするのです。
結婚式の1ヵ月前に、子供の参観日がある場合は、すっかりカラーリングの退色が進んで憂うつですが、市販の白髪染めで、間に合わせてしまいます。

 

市販の白髪染めで間に合わせる?
確かに、一度での染め上がりは頼りないですが、何度も重ねて染めて行けば、ほとんど白髪があることが分からないくらいまでになります。

 

勿論、美容室のカラ―リングの仕上がりには及びません。

 

自然原料を使用したヘアマニキュアタイプの白髪染めなら、頭皮や髪に負担がかかるのを心配する必要はありませんので、白髪染めの頻度を気にする必要はありません。
一月に何度でも、白髪染めを行うことが出来ます。ちょっと、見たいテレビが無い日に、長めのお風呂を覚悟すればよいだけです。

 

普段使いの白髪染めなら、天然植物ずくしの利尻ヘアカラートリートメントがおススメとなります。
 ・ 髪に色をつける染料は、クチナシ、ウコン、アナトー、シコン
 ・ 保湿成分は、利尻コンブに含まれるミネラル、フコイダン、アルギン酸
 ・ ヘアカラーに含まれる、パラフェニレンジアミン等の酸化染料は不使用

 

『こんな白髪染めが欲しかった』と、私が思ったのは、 サスティの[白髪用]利尻ヘアカラートリートメント
です。

祝い事と普段使いを使い分け関連ページ

美容室での白髪染め
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
市販のホームヘアカラー
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
自宅と美容院の使い分け
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
全体染めと部分染めの使い分け
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。