乾燥髪

MENU

さらさら・しっとりが魅力なヘアカラー

乾燥肌の私は、髪まで乾燥するようで、年がら年中パサツキ髪で艶がありません。
白髪の白いツルツルに光る光沢の方が、パサパサの黒髪のほうがましなので、『いっそうのこと全部白髪になってしまえぇー。』とやけくそのなる時があります。
ベジタブルカラーリッチ

 

乾燥髪対策も諦め気分のこの頃

さらさらの直毛の髪質は、努力もあるけど、ほとんど生まれながらのものに違いありません。とひがみっぽくなります。キットそうに違いありませんよ。

 

トリートメントもたまに行いますが、髪が水分をどっさり吸って重いだけだったりします。逆に、サラサラ感が強くて、不自然につるつるしていたりしていませんか?また、使いはじめはいいのですが、連続して使っているうちにしっとり感が消えてしまったりと、合うものはなかなか見つかりませんね。

 

白髪用トリートメントで、しっとりすることある

一般に乾燥髪は、白髪用トリートメントで、ある程度は改善するといわれています。白髪用のトリートメントは、髪1本1本をコーティングしていくので、太さの違う凸凹の髪に入り込み、サラサラになるからだそうです。実際は、最初に書いたとおり、好みのものが見つかりませんでした。

 

ひとつふたつ必ず、不満が残りますよね。くし通りが悪くなったり、触った感覚が不自然だったりと、残念な気分が心をよぎります。

 

ふとしたきっかけで、クパスバター入りの白髪用カラー・トリートメントを使って、嬉しい実感がありました。毛先のパサツキがないし、髪の毛の奥の芯から潤っているのが分かります。

 

指通りがサラサラで、見た目もふんわり。髪自体はそれほど、水分を抱え込んでいないようで、頭が重くありません。

 

クパスバターのトリートメント使ってみた

クパスバターは、アマゾンに自生するクパスの種子からとれる脂で、植物性コレステロールを含んでいます。髪につやと保湿力を高める働きがあります。個人的には、通常のトリートメントより、粘性を感じましたが、べたつきはありませんでした。

 

クパスの果肉は、甘く酸味があり、ジュース・お酒・お菓子・ジャム・アイスクリームに使われています。その種からとれる脂が、リッチな手触りを生み出してくれるというわけです。

 

洗い上がりは、しっとりと潤う上に、コシがあるのでセットがしやすい。手触りもふんわり、見た目もふんわりと仕上がりました。そう私に思わせた、白髪用トリートメントは、ベジタブルカラーリッチという名前です。注文しました。
ベジタブルカラーリッチ

 

クリームを取り出しやすいボトル

ベジタブルカラーリッチの中には、ブラシとビニール手袋が一緒に入っていました。このブラシの毛の部分は、ナイロンなのですが、しなり具合とやわらかさが丁度いいのです。

 

下の写真のようにボトルにブラシを入れて、クリームを取り出す時に丁度良い硬さとなっています。
ベジタブルカラーリッチ

 

髪に馴染ませる時も、柄が長いので、頭頂部や後頭部も付けやすかったりします。
手袋も、最初につける段階で手袋をしておくと、その後洗い流す時、素手で行ったとしても爪の間に入ったり、指が黒くなったりすることがありません。
ベジタブルカラーリッチ

 

ボトルは、チューブと違って使う量を正確に見ながら、楽に取り出せます。

 

チューブのものやスプレーのものも使いますが、必要以上に出してしまったり、足りなかったりです。足りない時は、汚れた手でチューブを押す気になれなくて足りないまま終えることはよくあるものです。

 

染めるパワーは普通だけど、サラサラ感が違う

ベジタブルカラーリッチの染めるパワーは、他のものとほぼ変わりません。
1日おきに3回位染めると、ほぼ周囲からは、わからない程度に染め上げることができました。

 

ただ、何よりも、朝のブラッシングが楽しくなりました。

 

色はブラック、ダークブラウン、ライトブラウンの3色。私が使用したのはダークブラウンですが、ツヤが出て光が加わりますので、明るめに感じます。

 

一つ気をつけなくてはならないのは、甘い匂いがしますので、翌日の予定を考えてから、使用の有無を決めてください。男性の中には、化粧品の匂いが苦手な方が多いですからね。

 

クパスバターの白髪トリートメントで、毛先のパサツキも乾燥髪もOK!関連ページ

利尻ヘアカラートリートメント
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
エフキュアヘアカラートリートメント
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
白髪をヘナカラーで染めるには
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
あのM1からの白髪染め
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。