白髪染めが染まらない理由

自分で染めるとなると、どうしても気になる染まり具合。
何故、美容室で染めるように綺麗に染まらないのと、思わず白髪染めに八つ当たりしていませんか?
多くの方が思考錯誤の末見つけた、白髪染めのヘアマニキュアでも染まる方法を、調べてみました。

白髪染め、染まらない理由記事一覧

 

同じ市販の白髪染めを使用しているのに、人によって評価が大きく違うのが、ヘアカラーの特徴でしょうか?多くのサイトで染まりやすい髪とか、染まりにくい髪とかの説明があるのは、キューティクルを開いて髪の内部に染料を入れる、ヘアカラーを想定しています。今はやりの、ヘアマニキュアタイプの白髪染めの場合は、キューティクルの内部に染料を入れませんので、どうなんだろうって思っていませんか?【髪の太さ】髪の太さのほと...

 
 

白髪染めは、染める方法や外部の環境(温度、湿度)によっても、染まる度合いが異なってきます。話はそれますが、アロンアルファーという瞬間接着剤を使用したことはありますか?ヘアマニキュアの染める原理は、アロンアルファーの接着剤で、家具を補修する時と同じです。つまり、接続する部分の汚れやゴミを綺麗に取り除き、水分も含ませないことです。白髪染めを行う髪は、シャンプー済みで余計な油分や整髪料を含ませていないこ...

 
 

今最も人気のヘアマニキュアタイプの白髪染めは、髪の表面に色を載せるだけですので、下地の髪の色が影響します。名前のとおり爪にマニキュアを載せるのと同じ、透明マニキュアを塗っても肌色に見えますよね。地髪の色が明るめの色で、地髪よりも暗い色を染める場合は、綺麗に色が入ります。でも、逆の場合は難しいです。どうしても、地髪の色より明るめに染めたい場合は、ブリッジ(脱色)作用がある白髪染めということになります...

 
 

市販の白髪染めは、室温で染めることを想定していますので、30℃位が染めるて気温ということになります。ただ、温度が上がれば、薬剤の作用力は倍に上がり、作用する時間も短くなることは確かです。温度が高くなることで、毛髪への浸透力が上がると同時に、薬剤そのものの活動も活発になるからです。白髪染めを行う際に、ドライヤーや加湿器を使用する方法がありますが、これらの道具を使用すると、高温が当たり過ぎて髪を傷める...

 
 

放置時間が長ければ長いほど、染まり具合は良いようです。ただ、薬品を髪に浸しているので、まったく無害であるとは言えず、メーカーが提唱する待ち時間よりかけ離れた時間放置しているのは、髪のためにはよくありません。毛質の硬さや、太さなとの違いや、染める環境(温度、湿度)、染毛料の馴染ませ方など、染まるための条件は様々ですが、欲張っても20分〜30分を超えることがないようにしたいものです。ヘアマニキュアの場...