同じ市販の白髪染めを使用しているのに、人によって評価が大きく違うのが、ヘアカラーの特徴でしょうか?

 

多くのサイトで染まりやすい髪とか、染まりにくい髪とかの説明があるのは、キューティクルを開いて髪の内部に染料を入れる、ヘアカラーを想定しています。

 

今はやりの、ヘアマニキュアタイプの白髪染めの場合は、キューティクルの内部に染料を入れませんので、どうなんだろうって思っていませんか?

 

【髪の太さ】
髪の太さのほとんどを、決めているのは、キューティクルの層の厚さです。太い髪は、キューティクルが何層にも重なっているので、開くのに大変だから染まりにくいのです。
硬い髪や健康な髪も同じ理由で、染まりにくいと言われています。

 

では、ヘアマニキュアタイプは、どういう髪が染まりにくいのでしょうか?
『撥水性』であるか、『吸水性』であるかがポイントになります。

 

『撥水性』とは、ワックスを塗った車のように、水を丸くしてはじいていしまう性質のことをいい、なかなか水分を浸透させない働きがあることをいいます。
『吸水性』はその逆です。

 

ヘアマニキュアタイプの染まりやすい髪は、ヘアカラー同様です。硬い髪、太い髪、健康な髪は撥水性だからです。

 

ただ、私はこの硬い髪、太い髪、健康な髪に属するのですが、いったん色が定着すれば、色持ちが良いような気がしています。染める土台がしっかりしているので、色がはげにくく長続きして、色ムラもなく綺麗に染まっていると、「自己満足でしょうか?」思いこんでいます。

 

染まりやすい髪質のタイプは、細い髪、柔らかい髪、ダメージ毛などは薬液の浸透が早いです。

 

【髪の水分量、脂量】
『撥水性』というのでしょうか、脂分を多く含んだ髪や、水分量が高い髪も、ヘアマニキュアの染料が入りにくいために、染まりにくい傾向にあります。

 

逆に、脂分が少ない髪や、水分量が少なくパサパサな髪が染まりやすいということです。

染まりやすい髪と染まりにくい髪関連ページ

濡れた髪や汚れた髪
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
暗い髪色と明るい髪色
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
室内の温度や髪の温度
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
放置時間のめあす
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。