地髪との色の違いを考えると謎が解けます

今最も人気のヘアマニキュアタイプの白髪染めは、髪の表面に色を載せるだけですので、下地の髪の色が影響します。
名前のとおり爪にマニキュアを載せるのと同じ、透明マニキュアを塗っても肌色に見えますよね。

 

地髪の色が明るめの色で、地髪よりも暗い色を染める場合は、綺麗に色が入ります。
でも、逆の場合は難しいです。

 

どうしても、地髪の色より明るめに染めたい場合は、ブリッジ(脱色)作用がある白髪染めということになります。
ブリッジとは、髪の表面のキューティクルを広げ、髪内部に染毛剤を入れてます。髪の内部にある、髪の色の元であるメラニン色素を酸化分解し、脱色することをいいますす。メラニン色素の色が、髪の黒色を作っているからです。

 

また、髪質によっても染まる色が異なってくるために、こんなはずではなかったというガックリすることもありうるわけです。
硬い髪は赤みを帯びて、柔らかい髪は黄色みを帯びると言います。

 

メーカーによっては、白髪用ヘアマニキュアは黒髪に染まらなかったり、逆に黒髪用ヘアマニキュアで白髪が染められなかったりしますので、白髪を染めたい場合は、白髪染めと明記してあるものを選ばれるのが得策です。
いさぎよく!きっぱり!(笑)

 

ヘアカラーの場合、一度に染毛剤を入れて、期待の色に染める方法なので、失敗が許されません。
期待通りの色味でないからと言って、何度も染め直しをすると、髪にも頭皮にも負担がかかり、パサパサの髪になってしまう可能性があるからです。

 

ヘアマニキュアの場合は、色味が気に入らない場合は、何度も染めて濃くすることが出来ますし、他の色味で染め直すことが可能ですので、リスクの少ないカラーリングとも言えるのです。

 

暗い髪色と明るい髪色関連ページ

染まりやすい髪と染まりにくい髪
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
濡れた髪や汚れた髪
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
室内の温度や髪の温度
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
放置時間のめあす
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。