色が定着するまでの放置時間(待ち時間)は?

放置時間が長ければ長いほど、染まり具合は良いようです。

 

ただ、薬品を髪に浸しているので、まったく無害であるとは言えず、メーカーが提唱する待ち時間よりかけ離れた時間放置しているのは、髪のためにはよくありません。

 

毛質の硬さや、太さなとの違いや、染める環境(温度、湿度)、染毛料の馴染ませ方など、染まるための条件は様々ですが、欲張っても20分〜30分を超えることがないようにしたいものです。

 

ヘアマニキュアの場合は、染まっていなかったら比を開けずに、カラリングを行うことが出来るというメリットがありますので、提示されている時間より5分〜10分位長めとしておくのが、得策と言えます。

 

放置時間のめあす関連ページ

染まりやすい髪と染まりにくい髪
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
濡れた髪や汚れた髪
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
暗い髪色と明るい髪色
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
室内の温度や髪の温度
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。