白髪の原因は複雑で、自分でも分からない

心にダメージを受けたり、精神にショックを受けるなどストレスを感じると、白髪が増えると言われています。

 

何故、ストレスが白髪を引き起こすのか

一つの理由として、体中の血行が悪化するために、頭皮への血行も、悪くなることからおきています。

毛細血管が収縮して、頭皮の血流が悪くなると、毛髪に色をつける色素細胞の働きが弱くなります。

 

また、ストレスを感じると体内に活性酸素を増やします。活性酸素は、煙草、紫外線、摩擦などで増えますが、精神的なものでも増えていくのです。
活性酸素は、細胞をサビさせる作用がありますので、髪を作る細胞も酸化させて働きを弱めるのです。

 

髪を作りだす頭皮環境を柔らかく、巡りを良くするためには、ストレスを溜めない生活も大切になっているのですね。

 

白髪でなくても、抜け毛などに悩まされている方で、『残業が増えたら』急に髪が薄くなったなんて話を聞きます。白髪は、健康のバロメーターとして髪で信号を私たちに送ってくれているのかもしれません。

 

白髪対策は、意外と難しいので放置しがち

ただ、白髪が増え始めて、スキンケアのようにお手入れをしない人が多いのは、白髪の場合その原因が複雑に絡み合っているからです。

特に、ストレスの場合は分かりにくかったりします。

 

ローションやマッサージを繰り返しても、直ぐに効果を感じられることがないため、頭皮ケアをしない原因なのかもしれません。

 

 

ストレス白髪のサインは、こめかみ

ストレスによって白髪が増える場所は、こめかみ部分と言われています。

外部の情報をとらえることができる五感(視覚、聴覚、臭覚、味覚、触角)は、脳の周りに集まっていますが、中でも視覚からの情報は全体の80%と言われています。
目から入る膨大な情報量が神経細胞を通り、こめかみ部分の負担は大きくなります。

 

四六時中悩んでいたり、長時間のディスクワークを続けていると、こめかみ部分を押さえて思わず、『頭が痛い』となるのは、神経伝達路が渋滞状態にあるからのようです。

 

つまり、神経細胞に疲労が溜まると、活性酸素が多く発生し、周辺の髪をつくる毛母細胞や色素細胞にも負担がかかり白髪となるのです。

 

ストレス白髪の予防法

ストレスを感じない社会なんてあり得ませんので、もしこめかみ部分に白髪が多いと発見したら、頭皮の血行促進のマッサージや、ビタミンCなどの抗酸化力のある果物や野菜を多く取るように心掛けてみると良いですよ。

 

白髪対策用頭皮マッサージ

頭皮マッサージ方法 その1
毎晩、長めにブラッシングを起こってみるのも血行促進の一つの方法です。
根元から髪を立たせるように、上に向かってブラッシングを行うとかなり頭皮へ刺激が伝わります。
ブラシは、静電気を起こさせない天然素材のものがおすすめです。

 

頭皮マッサージ方法 その2
耳の延長線状の頭頂部「百会」というつぼを、息を吐きながら両手の指先で押すのも効果的です。

 

頭皮マッサージ方法 その3
額と髪の生え際であるつぼを、真上からこめかみに向かって、指で押し続けていきます。次に耳の後ろから襟足までの生え際も、同じようにつぼを探しながら押して行きます。
その後、10本の指の腹で、頭全体をトントンと叩いていきます。

 

このマッサージを数回毎日繰り返して行けば、白髪予防の頭皮マッサージとなります。

 

 

 

 

頭皮マッサージ方法 その4
また、自分へのご褒美としてヘッドスパ等を利用してみるのも、よいストレス解消になります。

 

 

 

白髪対策用の食べ物

酸化対策のための食べ物は、果物や野菜以外でも、抗酸化力のある健康食品も多く出ていますので、自分に合ったものを摂取する方法なら手間をかけずに白髪予防ができますね。

 

白髪予防のためのサプリメントなんて言うのも、そう言えばありましたので、また調べて報告します。

 

 

この白髪はストレスのせい? | 判別方法とストレス白髪の予防法関連ページ

白髪を増やす食べ物
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
白髪を増やす頭皮環境とは
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
メラニン抑制力があるLシステインと白髪の関係
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。