白髪を増やす頭皮環境を調べてみた

健康な髪を作るためには、健康な頭皮環境を整えることが大切です。

白髪ができる原因は、毛髪を作る毛母細胞の中にある、メラノサイト(色素形成細胞)が年齢と共に衰えるためです。
メラノサイトは、髪の色であるメラノ色素を作る働きをしています。

 

メラノサイトを活性化させるためには、毛母細胞にタンパク質、ミネラル、ビタミンなどの栄養が届かなくてはなりません。
さらに、毛母細胞を活性化させるためには、頭皮環境を潤った、血行の良い状態にすることが必要なのです。

 

その為、毎日行っているヘアケアを始め、食事やストレスの度合いなども影響してきます。
シャンプー剤の見直しや、マッサージ、ヘッドスパ等を取り入れて、頭皮に溜まった疲れやコリを常に取り除くことも良い方法です。

 

年齢による白髪は、ある意味防ぎようがないものですが、ケアを続けることで少しづつ遅らせていくこともできます。

 

頭皮の皮脂を抑えて毛穴を詰まらせない

頭皮は、体の他の部分より皮脂線の多い箇所です。

 

頭皮を不潔にしておくと、皮脂が外気の汚れを巻き込み毛穴を詰まらせます。
毛穴詰まりを放置すると、毛髪が細くなったり、白髪、薄毛、フケの原因となるのです。
毛穴を綺麗にしておくと、皮脂の排出を促し、毛母細胞も活性化できます。

 

 

頭皮の乾燥を防ぎ、保湿をアップ

上記と逆に、皮脂過剰で脂でかゆみが出るからと、ゴシゴシと爪を立ててシャンプーを行うと、頭皮は傷つき、外気に頭皮内部の水分が奪われて乾燥しやすくなります。

 

また、合わないシャンプーなどのヘアケア剤を使い続け、頭皮に炎症を繰り返すと、徐々に頭皮は乾いていきます。
頭皮の炎症や乾燥は、毛髪をつくる毛母細胞の働きを弱め、白髪の原因の一つです。

 

生シイタケが乾燥すると固くなるように、頭皮も乾燥して固くなってしまいます。
硬くなって柔軟性のない頭皮は、代謝が衰えがちになります。新しい皮膚を作られる周期が長くなれば、毛母細胞の働きも弱まります。

 

頭皮がカサカサになり、フケが出た時は、頭皮がめくれている状態です。
新しい頭皮が作られるまで、外気の乾燥から守るために、油で保護するとよいでしょう。よしき皮膚科の院長である吉木伸子さんは、頭皮につける油として、『椿油』をすすめています。

 

『椿油』は、シャンプー前に頭皮の汚れを落とすオイルパックとして、また、洗髪後に保湿用として、両方の用途があります。
使い方は簡単です。手のひらに水を少し落とし、さらに椿油を数滴たらして、手で温めます。それを頭に馴染ませながら、指の腹で頭皮をもむようにしてつけるのがポイントです。その後、タオルを巻いて約10分放置しておきます。

 

 

頭皮の紫外線の影響、光老化も白髪を増やす

女性は顔に日焼け止めクリームを塗りますが、頭に関しては無頓着な方が多いようです。

紫外線は頭皮にも影響を与え、光老化の原因になります。
髪はパサツキ始め、ツヤが無くなっていくので、自然と分かりやすいのですが、頭皮の場合はつい油断をしがちになります。

 

赤くなったりかぶれていても、髪に隠れているために分かりにくいからです。
紫外線のダメージで、髪をつくる毛母細胞も破壊します。

 

紫外線対策用の帽子や日傘で、紫外線をできるだけ浴びないことが必要です。

 

 

頭皮の血行環境

頭皮の血行促進というと、どうしても育毛剤の宣伝文句のようですが、当然ことながら育毛剤だけでは血行は促進されません。

 

ただ、頭皮そのものが硬くこっていれば、マッサージや育毛剤で柔らかくする必要はあります。

 

心臓から頭皮に流れる血液の通り道も、スムーズに流れる必要があります。
肩こりや眼精疲労で、筋肉に緊張があれば、血行不良を引き起こしていきます。

 

血液中にコレステロールを貯め込んでいても、血流環境はよくありません。

 

煙草も抹消血管を収縮させる作用があるので、頭皮への血行を悪くさせる原因のひとつです。

 

適度に運動をし、食生活や生活習慣が、巡り巡って白髪を増やさない頭皮環境に繋がっていきます。

 

 

白髪は頭皮環境の悪化でも増えることことから、頭皮ケアの低減関連ページ

白髪を増やす食べ物
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
白髪とストレスの関係
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。
メラニン抑制力があるLシステインと白髪の関係
ハリのある生き生きとした髪は、頭皮の健康なくしてあり得ません。 白髪をずっと染めて行きたい方のための、刺激のない、かぶれない白髪染めを選びました。